ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


皮と革の違い

動物など皮膚や、果物の表面を覆ってる部分を「皮」と言います。鞄やベルト等には革製品というものがあり、この時には「革」という漢字が使われています。 この二つの漢字は次のように使い分けられています。

皮とは
動物の皮膚や果物の皮、餃子の皮など、主に表面を覆っている物の総称として用います。 「化けの皮」や「欲の皮」など物事の本質を覆っているという意味で比喩的に用いられる事もあります。

革とは
牛などの動物の皮から毛や脂肪などを取り除き、薬品で処理し製品化した物です。 製品としては「革」と表記しますが「革製品」はもともと動物の「皮」なので、「皮」と書いても間違いではなく、加工までのプロセスを両方の漢字を合わせて「皮革」と言います。

要するに!
・「皮」→主に表面を覆っている物の総称
・「革」→動物の皮から毛などを取り除き製品化した物


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved