ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


マグニチュードと震度の違い

地震が起きると、ニュースなどでマグニチュード6と震度4等と、2つ言い方で報道されます。 この「マグニチュード」と「震度」はそもそも、別のものを計る物差しと言えます。 これを理解すると、ニュースなどを見た時にどのような地震が起きたのかがよくわかります。

マグニチュードとは
アメリカの地震学者によって考えられたもので、Mという単位を用いて表します。地震そのものがもつエネルギーの規模と言えます。 震源地から100キロ地点にある地震計が記録した物を基準とし、M7以上は大地震とされています。

震度とは
私達が生活している場所での揺れの強さのことを表します。 1996年までは震度1~8の8段階でしたが、1996年に改訂で震度5と6に「弱」「強」という新しい基準が加わり、現在では10段階の震度で表せれます。 震度は、計測震度計により客観的に測定されており、マグニチュードとは全く別の物差しとなります。

要するに!
・「マグニチュード」→地震そのものがもつエネルギーの規模
・「震度」→生活圏での揺れの強さ


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved