ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


鮨と寿司の違い

美味しい和食として、外国人にも人気の高い「お寿司(すし)」。この「すし」という漢字が、魚偏で「鮨」と書いてあるのを見かけたことは無いでしょうか? 「寿司」と「鮨」は全く同じもの、つまり「おすし」の事を指しており、どちらも同じ意味でが、使われてきた背景に次のような違いがあります。

鮨とは
「おすし」の歴史は古く、奈良時代頃からあったと言われています。 「すし」にはもう一つ「鮓」という漢字があり、塩や糟などに漬けた魚や、発酵させた飯に魚を漬け込んだ保存食を意味して古くから使われていました。 そして「鮨」という漢字は、握り鮨、押し鮨、棒鮨など、現在の「おすし」の形を表すものとして用います。

寿司とは
「寿司」という漢字は、江戸時代に作られた「鮨」の当て字です。祝い事などに「おすし」を用意したことから「寿を司る」→「寿司」となったと言われています。 現在では、魚偏の漢字表記が紛らわしいことや、すしネタが必ずしも魚でない事の理由から、「寿司」と書くのが一般的になっています。

要するに!
・「鮨」→握り鮨、押し鮨、棒鮨など「おすし」の総称
・「寿司」→鮨の当て字。「寿を司る」→「寿司」


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved