ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


パスタとスパゲッティの違い

イタリアンレストランと言えばスパゲッティですが、メニューを見ると「あれ?」パスタって書いてあることがありますよね。 知っている人にとっては、当たり前の話・・・かもしれませんが、「パスタ」と「スパゲッティ」には次のような違いがあります。

パスタとは
小麦粉をこねて作る、イタリアの麺類のようなものの総称で、様々なイタリア料理に使われます。 有名なものでは、「スパゲッティ」「マカロニ」「ラビオリ」「ペンネ」などがあります。 また「アマトリチャーナ」「フジッリ」「タリアテッレ」など日本ではあまり馴染の無いものも多数あり、その総数は650種類程あると言われています。

スパゲッティとは
多数あるパスタの種類の一つです。ロングパスタと言われ、日本のそばや、冷や麦と形状がよく似ています。 一旦乾燥させたものをお湯で戻すという調理方法も告知しており、日本で最もメジャーなパスタと言えます。

要するに!
・「パスタ」→小麦粉をこねて作る、イタリアの麺類のようなもの。
・「スパゲッティ」→多数あるパスタの種類の一つ。


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved