ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


モモンガとムササビの違い

華麗に空中を滑空する小動物といば、モモンガとムササビです。この2種類の動物は、同じリス科に属する哺乳類ですが次のような違いがあります。

モモンガとは
体長15~20センチ、体重150~200グラム程度で、ムササビよりも小さいのが特徴です。飛膜とよばれる滑空するための皮膚は前足と後ろ足の間にだけについていて、 およそ20~30メートル飛行することが出来ます。ムササビと区別するには、飛膜を拡げた時の大きさがハンカチ程度と覚えておくと良いかもしれません。

ムササビとは
体長25~50センチ、体重400~1300グラム程度あり、モモンガより大きいのが特徴です。前足と後ろ足の間のほかに首と前足の間、後ろ足と尾の間にも皮膜がついていて 100メートルもの滑空が可能です。飛膜を拡げた時の大きさは座布団程度と覚えておきましょう。

因みに日本名「オカメインコ」と呼ばれる鳥は、頭に冠羽を持っていますので、生物学上は「オウム」に分類されます。

要するに!
・「モモンガ」→体長15~20センチで飛ぶとハンカチぐらい
・「ムササビ」→体長25~50センチで飛ぶと座布団ぐらい


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved