ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


自動車のエアコン

夏は冷房を、冬の暖房で車内の温度を快適にしてくれる自動車のエアコンですが、エアコンをつけるとエンジンとは別のコンプレッサーが作動するため燃費が1割ほど悪くなります。 なるべく自動車のエアコンを使わず、窓を開けて車内の温度を調節するなどの工夫で燃費の節約が可能です。ここでは、エアコンに関する裏ワザをいくつか紹介したいと思います。

除湿機能を切れば暖房はタダ
エアコンをつけるとエンジンとは別のコンプレッサーが作動しますが、暖房の場合は違います。暖房のみの時はエンジンから出る熱を利用します。 エンジンは作動中は物凄い高温になっていますので、その熱を利用すれば、車内を暖めるために別の動力を使う必要はないのです。 ただし、それは「暖房のみ」で使用した場合、除湿機能をOFFにしている場合です。 冬場の暖房で燃料を消費したくない場合は、「AC」の表示またはランプをOFFにして送風+暖房で使用すればよいのです。

ところが、除湿機能をOFFにすると、窓ガラスがくもって走行しづらくなります。そんな時は外の空気を入れると解消します。 ウインドウを車内が寒くならない程度に少しだけ開けるか、暖房の風を外気から取り入れるように切り替えることで、ある程度解消できます。 どうしても、くもりがひどい時は一時的に「AC」ボタンを「ON」にしてくもりが解消したらすぐに消すという方法で対応しましょう!

冷房を使わない工夫
冷房は暖房とは違い、エンジンと別のコンプレッサーが作動しますのでその分燃費が悪くなります。 なるべく使わないことがの望ましいですが、真夏にエアコンなしで運転しようものならドライバーはたちまち熱中症になってしまう事でしょう。 そこで、無理しない程度にエアコンを節約できる裏ワザを紹介します。

少し早めに切る エアコンの冷房は、「AC」スイッチをOFFにして、送風のみに切り替えた後もしばらくは涼しい風が出てきます。 これを利用して、目的地に着くより少し早く「AC」スイッチをOFFにすれば、少しだけ燃費を節約することだ出来ます。

最初は窓を開ける 夏場、日の当たるところに車を止めておくと、車内はとんでもない温度になっています。エンジンをかけて冷房をつけてもなかなか涼しくなってはくれません。 そんな時は、まず窓を全開にして少しだけ走行してみましょう。車内の空気が入れ替わって、冷房きいてくるのが少しだけ早くなります。

車内温度を保つ工夫 夏場、カーウィンドウから直射日光が入ってくると、車内の温度がたちまち上がってしまいます。 施工には少し費用がかかりますが、ウィンドウにカーフィルム等を貼ると随分と違ってきます。 また、サンシェードという日よけ専用のグッズもありますので、その様なものを活用してエアコンをできるだけ使用しないように対策してみましょう!


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved