ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


マンションとアパートの違い

賃貸契約で借りる住居の名称としてよく使われているのが、「マンション」と「アパート」。 実はこの2つにの名称に明確な規定はありません。 しかし、一般的な認知を基準に不動産業界などでは「マンション」と「アパート」を次のような基準で決めています。

マンションとは
主に鉄骨(S)、鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)で、各部屋を住居として賃貸契約、または個別に販売する目的の建物です。

アパートとは
主に木造や軽量鉄骨造の2階建てまたは平屋で、各部屋を住居として賃貸契約する目的の建物です。

要するに!
・「マンション」→3階建て以上で木造や軽量鉄骨造以外。
・「アパート」→木造や軽量鉄骨造で2階建て以内。


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved