ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ)の違い

鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ)は(※以降カタカナで記載)生物学上は全て同じ、タカ目タカ科の猛禽類です。 また、鳶(トビ)は別名トンビ言われる事があります。これら3種の鳥は形状がほとんど同じであるため、見分けがつきにくいですが、大きさや模様などで分別されています。 模様は種類により異なりますので、大きさで見分けるのが良い方法かもしれません。

タカとは
タカ目タカ科の中で小さめものがタカです。全長50~60cm、翼開長約100-130cmのオオタカ、全長75~80cm、翼開長約160~170cmのクマタカなどの種類が「タカ」とされています。

ワシとは
タカ目タカ科の中で大きいものがワシです。全長88~120cm、翼開長約220~250cmのオオワシ、全長75~95cm、翼開長約168~220cmのイヌワシなど種類が「ワシ」とされています。

トビとは
トビ(トンビ)はタカよりも、さらに一回り小さく、「ピーヒョロロロ」と鳴いて、輪を描くように飛ぶのが特徴です。 羽に白い斑点があり、尾羽が扇形をしています。。

要するに!
・「タカ」→タカ目タカ科の中で小さめもの
・「ワシ」→タカ目タカ科の中で大きいものが
・「トビ」→タカよりもさらに一回り小さく「ピーヒョロロロ」と鳴く


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved