ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


計ると測ると量ると図るの違い

物の量や長さ早さ、或は度合いを求める時に使う漢字「はかる」は、「計る、測る、量る、図る」など、目的によって使い分けられます。

あなたは正しく使い分けができますか?4つの「はかる」について正しい使い方を解説します。

計るとは
時間や物事の度合いを調べる場合や、数を数えて見積もる場合には「計る」を用います。 100m走のタイムを計る、災害の影響は計り知ない、等の用い方ができます。

測るとは
元々は、水の深さをはかる時に用いられる言葉でしたが、現在では長さや深さ、高さなど、距離全般に用いるられています。 「家の長さを測る。スーツの寸法を測る。プールの水深を測る」

さらに、能力などを調べる時にも使います。「握力能力を測る。血圧を測る。投球スピードを測る」

量るとは
主に質量、容積をはかる場合に用います。「体重を量る、米の量を量る」

さらに相手の気持ちを憶測する場合に用いることがあります。「彼の真意は量りかねる」

図るとは
ある事柄が実現できるように、計画を立てたり、物事の対処したりするときに用います。

事業の拡大を図る、うまくいくように便宜を図る、等の用い方ができます。

要するに!
・「計る」→時間や物事の度合い、数を数えるとき
・「測る」→長さや深さ、高さなど、距離全般。能力などを調べるとき
・「量る」→質量、容積をはかる時、相手の気持ちを憶測するとき
・「図る」→計画を立てたり、物事の対処したりするとき


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved