ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


ラムとマトンとホゲットの違い

日本の三大食肉と言えば、牛肉、豚肉、鳥肉。しかし、もっとも古くから食べらててきたのは羊肉と言われています。 この羊肉には、「ラム」と「マトン」そして、「ボケット」と言われるものがありますが、これら三つには次のような違いがあります。

ラムとは
食用となる羊肉の中で、生まれて1年未満の羊肉のことをラムと呼びます。子羊の方が肉が柔らかく、臭みがない事から貴重な食材として好まれています。

マトンとは
食用となる羊肉の中で、2歳以上になった羊肉のことをマトンと呼びます。肉がやや硬く臭みがあることから、ジンギスカンやエスニック料理に用いられます。 またラムよりお手頃価格で購入できます。

ホゲットとは
ラムとマトンの中間、つまり生後1年以上2年未満の羊肉をホゲットと言います。しかし、国や地域によっても微妙な差があり厳密に規定されていなことから、ラム以外の羊肉はマトンとする国もあります。。

要するに!
・「ラム」→生後1年未満の羊肉
・「マトン」→生後2年以上の羊肉
・「ホゲット」→生後1年以上2年未満の羊肉


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved