ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


大根と蕪(かぶ)の違い

鍋料理や漬物などに使用される大根と蕪、どちらも白い色に緑の葉っぱを持っていて、見た目が似たような食材です。形が若干違うものの、料理をしたあとではほとんど区別がつきません。

何気なく食べた時に気になったことはありませんか。そんな大根と蕪(かぶ)の違いについて解説します。

大根とは
アブラナ科ダイコン属に分類される越年草で、名前の由来は大きな根っこを意味するところからきています。食材としての旬は冬で全体的に甘いですが、先端のほうは辛味を持っています。また、旬を過ぎると全体的に辛くなるので生食には旬の大根が向いていません。

基本は煮込まれることが多い大根ですが、きざんでサラダにしたり、おろして薬味にするなど生食としても多く用いられます。葉っぱのほうも食べる事ができ「すずしろ」と呼ばれる春の七草のひとつとされています。

蕪(かぶ)とは
アブラナ科アブラナ属に分類される越年草で、語源は諸説ありますが、頭を意味する「かぶり」、または根を意味する「株」からと言われています。

食材としての旬は冬から春にかけて、基本は白い根茎を食します。「千枚漬け」という漬物が有名ですが、その他に煮物でも使うことができます。味が染みやすく煮崩れしやすいという特徴があり、大根とは基本的に調理方法が異なります。

蕪の葉っぱは、春の七草のひとつ「すずな」とよばれ、こちらも残すところがない食材と言えます。

要するに!
・「大根」→煮込み料理、生食、漬物など幅広く使える食材
・「蕪」→煮崩れしやすいので、漬物などに向いている食材


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved