ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


春雨とビーフンの違い

春雨とビーフンはどちらも中国が発祥の細長い麺で、見た目の違いはほとんどありません。 また水で戻してから使うなど料理をするときの使い方も似ているので、名前以外にどこが違うのかわからない人も多いでしょう。 しかし春雨とビーフンには名前以外にも違いがあります。 違いがわかれば料理での使い方にも生かすことができるので、似ているようで違う春雨とビーフンの違いを知っておきましょう。

春雨とは
春雨とは、緑豆やジャガイモなどのでんぷんを原材料にしている麺です。緑豆やジャガイモなどのでんぷんを水と合わせ生地にした後、細長い麺の状態にしてから一度茹で冷凍・乾燥して作ります。

本場の中国では緑豆が使われますが、日本ではジャガイモやサツマイモを原材料とするケースがほとんどです。一般的な麺と比べると低カロリーなのでヘルシーな食材として人気が高く、最近ではインスタント食品に使われることも増えています。

ビーフンとは
ビーフンとは、うるち米やもち米のでんぷんを原材料に使用している麺です。精米したうるち米やもち米を使った米粉に水を加えて生地を作り、麺状にして乾燥させれば完成です。

最近ではうるち米の他にコーンスターチを加えたり、生地を茹でてから切断し麺状にする製造方法もあります。米粉を原材料とした麺は、小麦粉の生産量が少ないアジア地域では古くから作られており、ビーフンも中国や日本だけでなく東南アジアの国々でも幅広く使われています。

要するに!
・「春雨」→緑豆やジャガイモなどのでんぷんを原材料にしている麺。
・「ビーフン」→うるち米やもち米のでんぷんを原材料に使用している麺。


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved