ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


ざるそばともりそばの違い

そば屋に行くと「ざるそば」と「もりそば」の2つのメニューがあります。両方ともせいろに載っているそばが出てきて、見た目もほとんど違いはありません。 違いと言ったら「ざるそば」の方が値段が少し高く海苔がかけられているということぐらい。つゆも同じな気がするのに、なぜそれだけで違う呼び名なのかご存知ですか? 「ざるそば」と「もりそば」には次のような違いがあります。

ざるそばとは
ざるそばは、江戸時代中期、現在の東京に位置する深川州崎にある「伊勢屋」というそば屋さんで、そばを竹ざる盛って出されたのが始まりだと言われています。

明治になると「ざる汁」という、「もりそば」とは違うみりんを使ったコクのある汁が使われて、海苔が載せられるようになりました。

また、そばの実の中心部分のみの粉で作った白っぽい麺をざるにもって出すスタイルが主流になり現在の「ざるそば」になりました。現在では専用の汁を使うところは少なくなってしまっています。

もりそばとは
もりそばは、元々はせいろで蒸すと調理方法だったため、せいろのまま提供されることが多く、高く盛られることから「もりそば」と呼ばれるようになりました。

江戸時代の元禄頃には、最初から汁がかけられた状態で提供される「かけそば」「ぶっかけそば」が流行っていましたが、それらと区別するために「もりそば」と名付けて提供したのが始まりと言われています。

現在はせいろ蒸すことはほとんどなく、ざるそばと同じように釜で茹でて調理するようになっており、「ざるそば」と「もりそば」の違いはほとんどありません。

要するに!
・「ざるそば」→本来はつゆに「みりん」を使う。海苔が乗っている。
・「もりそば」→本来は「せいろ」出蒸す。つゆに「みりん」は使わない。


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved