ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


お好み焼きとモダン焼きの違い

お好み焼きといえば大阪発祥の食べ物として有名ですが、モダン焼きもその一つであり、大阪のお好み焼き屋さんに行くと必ずと言っていいほど書いてあるメニューです。 しかし、このモダン焼きと普通のお好み焼きとの違いとは何なのか、大阪出身以外の人ですぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。 この2つには次のような違いがあります。

お好み焼きとは
お好み焼きとは、おもに広島と大阪が本場争いを繰り広げているソウルフード的な食べ物で、作り方に細かい差ありますが、一般的にはキャベツ・もやし・豚バラ肉や場合によっては魚介類などの具材を、薄く焼いた小麦粉の生地に混ぜ、高熱の鉄板で焼き上げたものになります。

家庭でも作ることができるため、それぞれの家にそれぞれのレシピが存在している身近な食べ物です。

モダン焼きとは
モダン焼きとは、上記のお好み焼きに焼きそば(場合によってはうどんも)を混ぜたものです。モダン焼きはよく広島風と誤解されることがあります。

しかし、あくまでこれは関西風のお好み焼きに焼きそばをいれたもので、間違えると大阪の人の怒りを買います。間違えないように気を付けましょう。

要するに!
・「お好み焼き」→キャベツ・もやし・豚バラ肉などの具材を小麦粉の生地に混ぜ鉄板で焼き上げるソウルフード
・「モダン焼き」→関西風のお好み焼きに焼きそばを混ぜたもの


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved