ネットで調べる!調べるネット

ネットで調べる!調べるネット

調べるネットでは、知りたいときにすぐ調べる
便利なツールを提供しています!


ピラフとチャーハンの違い

ピラフとチャーハン、どちらも油で炒めてさまざまな具材を加えた味の付いたご飯であり、どこが違うのだろうと思ったことはありませんか?

ピラフは西洋、チャーハンは中華といったように国の違いだと考えている人もいますが、これも少しだけ異なっています。 完成した料理を見ると同じようですが、作り方を知ると違いがよく分かります。

ピラフとは
ピラフとは炒めた米をさまざま具材と一緒にスープで炊いた料理で、トルコ料理が有名です。ただインドから中近東を経て、ギリシャまで調理方法が広がって各地に同じような作り方をする料理があります。

エビや貝などの魚介類、鶏肉をはじめとする肉類、キノコやタマネギなどの野菜を食べやすい大きさにカットして、弱火で軽く火を通す、生のままでも問題ありません。米をフライパンでバターで炒めて、同量のスープと具材を加えて炊き上げて完成です。

チャーハンとは
チャーハンとは炊き上がった白米をさまざまな具と共に油で炒めた料理で、中国が発祥だと言われています。ただ類似する料理は世界中に多くあり、タイではカーオパット、インドネシアやマレーシアではナシゴレンなどがあります。

炒めるのに使用する油はラードが大半ですが、家庭ではゴマ油など植物油が多いです。出来上がった食感としてパラパラ系としっとり系で好みが分かれており、具材に関しても特に決まりはありませんので、家庭では好みで作ることができます。

要するに!
・「ピラフ」→ピラフとは炒めた米をさまざま具材と一緒にスープで炊いた料理。
・「チャーハン」→炊き上がった白米をさまざまな具と共に油で炒めた料理。


スポンサーリンク




© 調べるネット. All Rights Reserved